シュールの効用

シュールの可能性を追求するブログ

120 ポスターの歴史 5)無声映画

 世界最初の映画は、『ラウンドヘイ・ガーデン・シーン』1888年で上映時間は2秒。ジョルジュ・メリエス監督「月世界旅行」(1902年)、大列車強盗(1903年)エドウィン・S・ポーター監督、そしてチャーリー・チャップリン監督・主演「黄金狂時代」(1925年)、「キートンの大列車追跡」(1927)などが作られるが、その後1927年に世界初のトーキー『ジャズ・シンガー』が発表され、映画は発声映画(トーキー)にとって替わった。

f:id:danbuer:20210227101900j:plain

「エアメール」(1925)アーヴィン・ウィラット監督の無声映画

f:id:danbuer:20210227101943j:plain

「ヨランダ」(1924)マリオンデイビス主演の無声時代劇映画

f:id:danbuer:20210227102000j:plain

「結婚行進曲」(1928)エリッヒ・フォン・ストロハイム監督の無声映画

119 ポスターの歴史 4) 自動車のポスター

f:id:danbuer:20210225232750j:plain

レオポルド・メトリコヴィツ作「自転車と自動車の展示会/ミラノ」(1907年)

 正式な訓練を受けていなかったが、メトリコヴィツは幼い頃に肖像画家として人生を送った。1891年にミラノに引っ越した後、彼はリコルディ印刷所に加わり、最終的にはテクニカルディレクターになった。図はミラノでの1907年の自動車ショーを宣伝するために設計された。オープントップのロードスターに乗ったドライバーの横には、月桂樹をもった翼のある熾天使がいる。

f:id:danbuer:20210225232638j:plain

ジョージズ・ハメル作「モナコ・グランプリ」(1933年)

これはモナコ・グランプリのハムの最初のポスターで、1920年代と30年代の有名なポスターアーティストが好んだアールデコ様式。レースのスピードを強調するため、赤のアルファロメオの後から急スピードでトンネルを出るブガッティを描いている。彼は1933年から1948年にかけて、モナコグランプリのポスター6枚すべてをデザインした。

 

118 ポスターの歴史 3) 映画ポスター(ヒッチコック)

f:id:danbuer:20210224201921j:plain

『見知らぬ乗客』(1951)

f:id:danbuer:20210224201947j:plain

『裏窓』(1954)

f:id:danbuer:20210224202013j:plain

『鳥』(1963)

   ヒッチコック(1899 - 1980)は、イギリス生まれの映画監督。スリラー映画で成功し、製作・脚本も手がけた。サスペンス映画の神様。
 ヒッチコックの1940年代の代表作は『疑惑の影』(1943)1950年代は、ヒッチコックの黄金時代で、『見知らぬ乗客』(1951)『ダイヤルMを廻せ!』、『裏窓』(1954)、『知りすぎていた男』(1956)、『めまい』(1958)、『北北西に進路を取れ』(1959)が傑作。『サイコ』(1960)、『鳥』(1963)も話題となった。(画像=「ヴィンテージ・ニュース」(2015.11.7)

117 ポスターの歴史 2)鉄道ポスター

f:id:danbuer:20210223180130j:plain

カッサンドル作「モデナエクスプレス」(1929)

 アドルフ・ムーロン・カッサンドル(1901-1968) は、20世紀の素晴らしいポスターデザイナーの1人。 1901年にウクライナで生まれ、彼の家族は敵対的な政府のためにパリに移住した。 彼は最初にパリ芸術学校で絵を学び、22歳でカサンドルの名の下にポスターをデザインし始めた。

f:id:danbuer:20210223180247j:plain

 

      ヴァヴァスール作「国際寝台車会社」(1898)
 Eugène VAVASSEUR(1863-1949)は、1863年生まれのアーティスト。国際寝台車会社 (Compagnie internationale des wagons-lits) は1872年にベルギーで実業家ジョルジュ・ナゲルマケールスが設立した、ヨーロッパ全域で運営していた鉄道事業者である。独自の路線や機関車は持たず、豪華な寝台車や食堂車を中心としたオリエント急行をはじめとする国際列車を主に運行していた。(エクスペリア参照)

 

116 ポスターの歴史 1)観光ポスター

f:id:danbuer:20210222204626j:plain

「ドイツ・エクスプレスサービス」オットマル・アントン(1895-1976)作

 ドイツ・エクスプレスサービスのハンブルク-アメリカ・ライン/キューバとメキシコ。 59 × 82.3 cm
サービスは北極圏から熱帯地方にまで及ぶが、このポスターは、ラテンアメリカ、特にキューバとメキシコが目的地。デザイン自体は純粋なアールデコ。

f:id:danbuer:20210222204730j:plain

「アトランティックシティ」エドワード・M・エグレストン(1887-?) 作

 ポスターは、ペンシルバニア鉄道を経由してニュージャージー州のリゾート地、アトランティックシティの海岸へと誘いかけている。(資料 Rennert’s Gallery)

115 ドレとゴッホの囚人図

f:id:danbuer:20210125173557j:plain

ゴッホ画「刑務所の中庭 囚人の運動」

f:id:danbuer:20210125173620j:plain

ドレ画「ニューゲート監獄 運動」

 ゴッホ(1853-1890)の「刑務所の中庭 囚人の運動」は、フランスの画家ギュスターヴ・ドレ(1832-1883) の作品「ロンドン」(1876)のなかの一つ「ニューゲート監獄 運動」を、ほぼ忠実に描いたもの。これはゴッホが南仏サン・レミのカトリック精神病院に入院していた頃に制作された。
 作品では刑務所のレンガで覆われた中庭で、33人の囚人が1列になって右回りに円を描いてゆっくりに歩いている。彼らはいずれも帽子をかぶっており、その中で手前を歩いている金髪の男だけが帽子をかぶっていないのが作品に変化をもたらしている。壁の上方では2匹の蝶が 舞っているが、これもドレの絵の中に描かれている。

114 徳川家康への書状

f:id:danbuer:20210117172803j:plain

長崎から安南に向かう船図

f:id:danbuer:20210117172838j:plain

阮潢(ルアン・ファン)から徳川家康への書状、弘定2年(1601)5月

2020年12月29日、厦門大学歴史学部の招きで、紅河大学ベトナム研究センターの叶少飞(イェ・シャオフェイ)准教授が、16世紀から17世紀のベトナムと日本の文書から見た、「王と東アジアの世界秩序」に関する学術講演を行なった。
16世紀、明王朝(1368-1644)主導の支流制度は引き続き機能したが、近隣の支流国の政治環境は大きな変化を遂げた。安南(ベトナム)では、莫(ばく)王朝(1527-1677)が1527年に設立されたが、黎(れい)王朝(1532-1789)はすぐに1533年に反撃を開始し、1592年に再建された。この時、明王朝は日本との貿易を禁止する方針を繰り返した。
日本は、明王朝の封鎖によって生じた貿易ギャップを埋めるため、安南の南阮と北郑のとの貿易協力を実施した。
しかし当時のベトナムと日本の古代文書における「安南の王」と「日本の王」という呼び方について疑問が生じている状況を説明している。(来源「澎湃新闻」(2021.1.10)