シュールの効用

シュールの可能性を追求するブログ

156 稀有書 32 猫と仏教

f:id:danbuer:20210504202835j:plain

著者上原虎重氏「猫の歴史」より

「大阪毎日新聞」の記者だった上原虎重(1890-1952)の書いた「猫の歴史」に、猫が野生から飼い猫となった時期は、慶雲2年(705年)以前と推測している。以下はその記事の趣旨。

 仏教と猫の関係は極めて密接であったが、同時にそれは皮肉なものでもあった。現に「涅槃(ねはん)経」には「比丘(仏教信者)は牛羊象鶏猪と猫を飼うべからず」とあり、仏教理論書の「薩婆多論」には「犬を養うのは良い」とある。
 しかし仏教にも猫が必要である理由があった。猫は鼠の害から護る役割があるのである。「日本釋名」に「むかし相模国の金沢称名寺の文庫に書を多く納めていた。唐から多くを運ぶ時、ねずみの害を防ぐためによき猫をのせて来た。」とある通り、猫は金沢文庫の護衛にも当ったのである。金沢文庫ができた北條時代になっても、相変わらず中国(宋) から猫が輸入されていたことである。

●『日本霊異記』の話 
 作者は本の追記として、日本史のなかの猫の歴史を調べて、『日本霊異記』にある記述をみつけた。それは、豊前国宮子郡の少領膳臣広国(かしわでのおみ)なる者が、慶雲2年(705年)9月に閻魔(えんま)王の廰に召され、亡き両親にあった後、再び蘇生して、子どもに一部始終を語ったという筋である 
 蘇生した父が息子に語ったのは、「自分はこれまで多くの罪を犯したので、獄吏による毎日様々な刑罰を受けている。そこでは毎日食うものに事欠き、飢えで苦しんでいる。正月一日、狸(猫のことらしい)になって家に戻るので、その時には百種の料理で自分をもてなして欲しい。これでしばしの飢えをしのぎたい」というものであった。
 この狸は野生の猫なのか、飼い猫なのかは記してはいないが、「ご馳走を提供せよ」というのだから、これは当時すでに飼い猫の習慣があったことをしるしているという。これにより、飼い猫の時代は、文武天皇の時代迄遡ることが出来たという。
 資料 「猫の歴史」上原虎重 創元社 1954

155 稀有書 31 日本に来た象

f:id:danbuer:20210502204334j:plain

ムハンマド・シャーの前の中庭で戦う2頭の象

 本の著者は、上野動物園で動物を相手に40年の間、世話をしてきた。昭和7年(1932)に退職されたというから明治25年(1892)頃からそこで働いて来たと思われる。この本のなかで彼は、凶暴な象について記述している。以下はそのときの体験談。

 明治21年にメス象とともに2頭のアジア象がタイの皇帝から日本に寄贈されてきた。象に付き添って来た中国人が帰国したため、受け入れ先の上野動物園では、日本人だけで飼育する事になった。メス象は明治26年に死亡、オス像は凶暴なため、係員も飼育に手を焼いていたので、マレー人の象の飼育のプロを雇う事になった。
 明治26年(1893)の春に彼がやってきたが、半年してもうまく飼育ができないので、彼に聞いてみると、現地の象はもっとおとなしかったと言うだけで解決策はない。そのうちそのマレー人も国に帰ってしまった。
 そこで日本にいるタイの駐在大使に聞いてみると、百頭に一頭は凶暴な象がいる。飼育ができないなら放逐するか、銃殺もやむをえないという。そのうち象も、明治30年(1897) 頃になるとやっと日本の気候にも馴れ、室内の暖炉も廃止できるようになったという。

 本の著者は獣の治療もしていたので、この象にも治療を施した。どうやら前のマレー人の飼育係が、象の足に鉄製の制御具をつけ、それが脚部に食い込んでいたが、飼育係はそれをはずさないまま国帰ったようである。園ではどうにかしてこの制御具を外したのだが、傷口がとてもいたそうである。ただし獣医である著者が治療している間はおとなしくしているのだ。彼はそうした象の心の動きに感心しているところが面白い。
書籍名 黒田義太郎著『動物談叢』改造社発行 1934年

154 稀有書 30 死の予知

f:id:danbuer:20210502091727j:plain

延命菩薩(「覚禅鈔」延命法一巻より)

  櫻井 秀「日本風俗史概説」十二章 老年期の生活の六に「死の予知」がある。
 これをみると、同じ日本人とはいえ、我々現代人とは異なる死生観があったことを知ることができる。以下はその趣旨のまとめである。

●死の予知  

 高年者のすべてではないが、年老いた者とか篤信(とくしん)者の中に、臨終の時期を予知するものがいた( 少なくも古人はそれを信じて疑はなかった。) もちろん、それには事実の伴なわぬことがあったが、前代の病者や家庭の子女等にとって、重大な関わりを持つものであった。
 病人は神仏に祈って死期を知ろうとしたこともあるし、様々な方法で生死を判断しようとしたことも小なくない。『栄花物語』に
  むまの入道は、中堂(延暦寺)に14日間こもって「ただ生死を告げさせ給え」と願った所、夢にみたので、無動寺(延暦寺東塔無動寺谷)に行って仏がお告げを下さる。うれしきこと也。
 これなども神仏に頼る例である。流星の色や長さとか、算数の法などでそれを判断することもあった。
●死期の確定 
 毎夜北斗七星を觀察し、その人の属星の色によって生死を定める法もあつた。
 「その色黄の者は死なず、青の者は十人死ぬが一人は生く、黒の者は万人の死に一人が生、白は即ち生、赤は万生一死」(『覚禅抄』尊星王法)とある。

死期の確定したものは、またいろんな方法で延命を祈ったのである。不動明王は「六月延命ができる」と考えられた。從って明王の加護を念じた人たちは頗る多かったと考える。   
●臨終の魔障

 死期に近づいた者にとって最も忌避すべきものは、臨終の魔障であり、妖魔は種々な手段で病床の人を誘惑すると考えられていた。そしてそれは、仏菩薩来迎の相を現わすことまであった(『渓嵐拾葉集』巻二)。そのため魔仏を観破する知識も与えられていたが、一般人がそれで魔障を避けることは出來なかった。從って危篤病者のために、医者の外に必ず高徳有験の僧が招請される例であった。蓮仁聖人の逸事にこんな話が伝えられている。
 吉田斎宮の御臨終に立会うと、すでに意識はなくなっていた。女房等は、多年のご本懐をとげられ、安心でございますといって去りしところ、聖人が「慈救呪」を唱えると、宮は突然蘇生し、「あら寝たや、奉具について往こうと思っていたのに」とおっしゃり、又小時念仏を唱えて眠れるごとく気絶し給った。上人これを見て「これこそ実のご終焉」云ったという。
 魔の來迎を信じて未来を誤るところの貴女を救った物語である。「奉具について往こう」とあるのは、妖魔の来迎を仏菩薩と信じたからのことである。加持によって復活の機会を得られなかったら、永く魔界に誘い去られたところであった..
 出典「日本風俗史概説」櫻井 秀 (明治書院)1950

153 稀有書 29 ”No More Lies”

f:id:danbuer:20210430125631j:plain

「No More Lies」アメリカ史の神話と現実 表紙

1972年、ブラックパワー運動の最中に、偶像破壊者のディック・グレゴリー(1932 – 2017))は、これまでの白人の立場から有利に書かれていた「アメリカ史」に挑戦した。「No More Lies」は、この先駆者がアフリカ系アメリカ人に声をかけ、米国の過去と人種関係についての真実を語った「アメリカ史」である。

●目次
ピューリタン巡礼者の神話、「野蛮人の神話」、建国の父の神話、
ブラックコンテンツの神話、勇気ある白人入植者の神話、
メイソン・ディクソン線の神話、自由企業の神話、解放の神話、
ブートストラップの神話、善隣の神話、アメリカのレトリックの神話、
自由選挙の神話の12章からなる。以下は「野蛮人の神話」からの抜粋。

●野蛮人の神話から
純粋な野蛮さの痕跡の1つは、寺院を冒涜し、礼拝所を故意に破壊する傾向である。 インディアンの寺院の冒涜は、政府の承認を得て今日も続いている。

 野蛮さのもう一つの印は、皮はぎの実践である。 ほとんどのアメリカ人は、インディアンがその慣習を発明したと考えている。その正確な起源を特定することは困難だが、それに近い慣行は、アメリカに到着する前のヨーロッパ人にはなかったからだ。 確かに、ヨーロッパの入植者は、これまで頭皮を剥いだことのないインディアンの一部の部族に、皮むきの習慣を導入した。 (45p)

 白人の入植者は頭皮の支払いの慣行を信用していた。 賞金は死んだインディアンの報償とされ、頭皮はその行為の証拠となった。 ニューネーデルラントのキーフト知事が、アイデアを生み出したと信じられている。彼はインディアンの頭よりも頭皮の方が扱いやすいと感じていた。頭皮値段は高くなったので、イギリス人がそこに着く前に、ニューヨーク南部とニュージャージー州のインディアンを事実上一掃した。

 1703年までに、マサチューセッツの植民地では、インドの頭皮ごとに約60ドル相当を支払っていた。 18世紀半ばまでのペンシルベニア州の頭皮率は、男性で134ドル、女性でわずか50ドルだった。 お金を稼ぐことを目指す起業家の中には、頭皮を売る商売を復活を試みているものがいる。

 インディアンとの戦争中の白人男性の場合、土曜日の夜のゲットーの街角での切り裂きの数を上回った。 ニューメキシコ・ボランティア(志願兵)のジェームズ・コナー中尉は、サンドクリークの戦い(1864年11月29日)で、シャイアン族に何が起こったのかを米国上院で説明した。
「翌日戦場を越えたとき、私はインディアンの男性、女性、または子供の遺体を見なかったが、頭皮を剥がれ、多くの場合、遺体は最も恐ろしい方法で切断され、ある男性は、女性の私的な部分を切り取って、棒で展示するために持っていた」と言った。(46p)

 ジョージ・カスター将軍(1839 - 1876)は、インディアンが野蛮人と感じたので、そのような野蛮な行為を正当化した。 カスターは、インディアンは「あらゆる意味で野蛮人」であり、「砂漠の野獣のそれをはるかに超える残酷で凶暴な性質」を持っていると信じていた。 「インディアンを人間の形をした生き物と見なすのは間違っている」と言って、高貴な野蛮人のイメージを拒否した 。したがって、カスターは、そのような「野獣人」は「他の人種に適用される戦争の規則や法律によって判断されるべきではない」と感じていた。(47p)
資料 NO MORE LIES The Myth and the Reality of American History BY RICHARD CLAXTON GREGORY HARPER & ROW, PUBLISHERS

152 稀有書 28 スターリン時代

f:id:danbuer:20210426171912j:plain

ウォルター・クリヴィツキー(1899 - 1941)

書名 クリヴィツキー著、根岸隆夫訳『スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録』みすず書房 (1962)
(英訳版)Krivitsky, Walter G. In Stalin's Secret Service HARPER & BROTHERS PUBLISHERS(1939)

 

■前書きの一行目で、この本の内容がつかめる。
 1937年5月22日の晩、わたしは、駐西欧ソヴィエト諜報機関長として、ハーグの自分の部署に戻るために、モスクワで列車に乗った。その時、わたしは、スターリンがロシアの主人であるかぎり、これがロシアの見納めだという実感をほとんど抱かなかった。
 20年近くにわたって、わたしは、ソヴィエト政府に奉仕した。20年近くにわたって、わたしはボリシェヴィキだった。列車がフィンランド国境に向って驀進していた時、わたしは、車室にひとり座って、そのほとんど全部が逮捕されたり、射殺されたり、強制収容所に送られたりしたわたしの同僚たち、同志たち、友人たちの運命に思いをめぐらしていた。かれらは、その全生活を、よりよい世界を建設するために捧げ、そして敵の弾によってではなく、スターリンが欲したために、部署についたまま死んでいった。(3p、根岸隆夫訳)

■第8章 スターリンの決別
 スパイ狩りが、全国を吹きまくっていた。スターリンによれば、裏切者を捜しだすのはソヴィエト市民各自の第一の義務だった。 「人民の敵、トロツキスト、ゲシュタポの手先」が至るところに潜伏し、あらゆる分野に浸透していると密告したのは、スターリンなのだった。エジョフのテロ機関は、スターリンの警戒心の喚起を次のように説明した。 「諸君が、生者の間に留まりたいならば、互いに告発し合え、互いに密告し合え。」  スパイ行為熱に浮かされて、人々は、友人や、もっとも近い身内まで、告発するようになった。人々は、恐怖に気がふれて、スパイ狩りにとりつかれ、自分自身を救うために、犠牲者を、競ってオゲペウ(1)に捧げた。  粛清を担当する特別部の責任者がわたしに明らかにした公式数字に従えば、最初の5ヵ月が経たぬうちにオゲペウは、35万の政治的逮捕をおこなった。囚人には、元帥やソヴィエト創建者から、下級の党職員までいた。(8章161p)
●訳者解説の「結び」にみる、まとめ
クリヴィツキーは40年の短い生涯を狂乱怒濤の歴史の舞台裏で送った。悲憤と侮恨と恐怖をにじませて遺したこの回想録ただ一冊が、革命と労農ソヴィエト国家の防衛の美名のもとに犯された集団愚行、蛮行を後世に伝えている。(…)クリヴィツキーの回想録は、不幸なことに今なお些かも意義を失ってはいないのである。(231p)
註(1)組織名の変遷チェーカー(1917-22)、GPU(ゲーペーウー1922-23)、OGPU(オゲペウ1923-34)、NKVD(1934-41)以下略。

151 稀有書 27フリーメーソンと現代科学の誕生

f:id:danbuer:20210425215913j:plain

ロバート・ロマス著「フリーメーソンと現代科学の誕生」(2014)表紙

書名 Freemasonry and the Birth of Modern Science by Robert Lomas
 1660年、チャールズ2世(在位1660 - 1685)の復古から数か月内に、科学者ロバートボイルと建築家クリストファー・レンを含む12人のグループがロンドンに集まり、自然のメカニズムを研究する協会を設立した。迷信と魔法が理性を支配したとき、キリスト教信念の抑圧的な教義は多くの人々を沈黙させ、戦後の忠誠心がキャリアを台無しにしたとき、これらの男性らは会議での宗教と政治の議論を禁じた。王立学会(「自然についての知識を改善するためのロンドン王立学会」)は現代の実験科学とともに誕生した。
 フリーメーソンと現代科学の誕生は、この時期の重要な出来事の多くを再評価し、チャールズ2世に支えられたフリーメーソンが、王立学会のカバーの下で、現代科学の誕生を導く力であったことを示した。
 フリーメーソンと現代科学の誕生は、この時期の重要な出来事の多くを再評価し、チャールズ2世に支えられたフリーメーソンが、王立学会のカバーの下で、現代科学の誕生を導く力であったことを示した(本書の解説文より)

□以下本文からの抜粋
●革新的なアイデア
 科学は迷信と魔法から生まれたが、テクノロジーが生まれるにつれて、それはより大きな政治的重要性を帯びてきた。 チューダー朝の君主の強さは、大砲の技術と火薬の使用に基づいていた。 船員のコンパスの発明により、船は南北アメリカの新世界に移動することができた。
  それ以降、ほとんどの支配者が科学で示した主な関心は、それを使用して戦争兵器の力を高め、軍事力を向上させたりする方法であった。
王立学会が誕生した年、イギリスでは依然として宗教が重要な問題であった。(23p)
●結論
王立学会が設立される前は、科学は完全に宗教に支配され、神学的議論によって抑圧されていた。(…)教会は思考を独占し、神の真理をすでに与えられていたので、真実に左右されることはなかった。異端審問官の見解に異議を唱えた実験者は異端者であり、それに応じて罰せられた。
  17世紀半ばにこの態度は完全に変わり、その時から現代科学は成長し始めた。 この変化は、英国史の中で最も血なまぐさい時期の終わりに向かって起こり、哲学的な熟考を促す時期はほとんどなかった。
 関係した人々は内戦の両側から引き寄せられ、一見、実験科学の研究を楽しんで、社会的に出会う可能性の低い人々のグループのように見えた。しかし、これらの人々は変化の波を開始し、それが急増して現代の科学社会を形成していった。
 これらの人々は誰か? 彼らはどこで革命的なアイデアを思いついたのか? これらは私が考えるべき次の質問であった。 そこで私は、これら12人の創設者のそれぞれについて、できるだけ多くの情報を収集することから始めることにした。(27p)
□著者ロバート・ロマスは、固体物理学と結晶構造の研究で博士号を取得する前に、電気工学で一流の優等学位を取得。1986年にフリーメーソンになり、すぐにフリーメーソンの歴史に関する人気の講師になった。

150 稀有書 26 「チェーカーの手中に」

f:id:danbuer:20210425105744j:plain

釈放されフィンランドに着いたゼーデルホルム

書名 ボリス・ゼーデルホルム著 IN THE CLUTCHES OF THE TCHEKA 英訳HOUGHTON MIFFLIN COMPANY出版 (1929) 


 「チェーカー」とは、1917年12月20日にレーニンによって作られた秘密警察で、スターリンの死後の1954年には、KGBの名称で生まれ変わった。著者のボリス・ゼーデルホルムは、1924年チェーカーによって逮捕され、ソロヴェツキー強制収容所に移送された。彼の犯罪は、南アメリカの建材メーカーの代表として商用でロシアに行ったが、ボルシェビキは彼をスパイ容疑で逮捕、勾留される。しかし2年後の1926年12月、無事釈放されるまでの苦難の物語である。

●逮捕前の状況
 「1924年1月末、スパイ行為と「反革命」の容疑で逮捕の大流行が起きた。ネフスキー通りにある私たちの家の通路は、仲介者やコミッションハンターでさえパニックに陥って、まったく無人だった。
 私たちは皆、まるで魔法の杖にかかったように、ロシアの友人や知人を失った。これは以前にも時々起こっていたが、今では何らかの理由で頻繁にチェーカーが活動していた。チェーカー刑務所で銃乱射事件が行われていること、そしてモスクワとペトログラードのすべての刑務所が溢れかえっているといういやな噂がながれた。
 ソビエトの新聞でさえ、6週間のあいだに、革製品シンジケート、ニコラス鉄道、北西鉄道、プチロフ工場、ウラジミールクラブ、協力組合などを記載した。最も控えめな計算によれば、これらの裁判だけで、ソビエトの刑務所は2千人以上の捕虜でふくれあがった。ただしこれらすべての逮捕には、何らかの形で商法違反に関連していた。」(58p)